PROFILE

変化に強いシステムを。

アジャイルウェア代表取締役CEO 川端光義

15年以上のソフトウェア開発経験の中でプログラミングだけではなく、オブジェクト指向設計、テスト手法、プロジェクト管理等の開発全般を手掛けて参りました。

これまでの経験を生かし、現状に満足することなくお客様のわがままを最大限に取り入れたシステム作りを目指しております。

仕様凍結のないシステムを開発すると共に品質を追求し、1度納品して完了という考え方ではなく、長く使えるシステム、つまり変化に強いシステムを開発及びご提案致します。

アジャイルウェア
代表取締役CEO
川端光義

1998年からソフトウェア開発を15年以上経験。2004年に「バグがないプログラムのつくり方」を出版、XPJUG関西支部の代表を務め、アジャイル開発を現場で実践。ICSE2006でアジャイル開発の経験論文を発表。2007年、Rubyの受託開発を始め、2012年、株式会社アジャイルウェアを設立。2014年にはOSSのRedmine機能拡張プラグイン『Lychee Redmine』パッケージを自社開発・販売する。オーダーメイドの受託開発とRedmine事業の2本柱で理想的なアジャイル開発を目指す。

Facebook Twitter: agilekawabata